転職する際

一般的に、転職する際、有利だと思われている資格に中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士資格を取得すると、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると扱ってもらうことができるでしょう。法律のエキスパートである行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。転職する理由は、書類選考、また、面接において大変重要なことです。相手に納得してもらう理由でない場合評価が下がります。ところが、転職する理由を聞かれても上手く答えられないという方もきっと多いはずです。たくさんの人が履歴書を書く時、面接を行う時に、この転職理由で悩むこととなります。どんな転職の理由がよいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を振り返ってください。考えた通りに話す必要はないので、思いつくままにノートに書きましょう。次に、それをポジティブな印象になるように表現方法を工夫してください。転職理由に関することばかりだと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、手短に説明しましょう。